乳酸菌は健康維持だけでなく、老化防止にもつながる

乳酸菌は健康維持だけでなく、老化防止にもつなる

花粉症がひどく、体質改善の為に毎日飲み始めた乳酸菌飲料。

 

実は、これがアンチエイジングにも効果があるのです。

 

腸の中に善玉菌が増えると、健康維持はもちろん老化防止にもつながります。もともと、うまれたばかりの赤ちゃんは腸内のほとんどが善玉菌で占められています。成長するにつれ、食生活の乱れなどで悪玉菌が増えてきます。

 

これは、日常生活の中で仕方のないことなのですが、悪玉菌が増えると、そこから発生する有害物質により腸の機能が衰え、便秘がちになります。さらに、血液中に有害物質が運ばれてしまうと、アトピーや花粉症のようなアレルギー性の疾患にかかりますくなります。
意識して食生活に注意することで腸内環境を常に善玉菌が多い状態にしておくことができます。

 

ひとつは、野菜中心の食生活を心がけること。美肌に必要なビタミン群や、便秘を防ぐ食物繊維を取りいれます。でも、外食が続くなど、なかなか理想的な量を毎日摂ることは難しいですね。
そこで、乳酸菌を毎日とり、腸内の善玉菌からビタミンを作ってもらうのです。

 

乳酸菌を含んだ食べ物は、私達の周りには溢れていますし、スーパーやドラッグストアでも手軽に手に入れる入れることができます。
高価なものがいい訳ではなく、継続することが一番のポイントです。

 

ヨーグルトを毎日とるようにしましたが、朝、食べる時間がない時には、職場でヤクルトを飲んだり、乳酸菌含有のサプリメントをかりかりかじったり。とにかく、どんな形でもいいから、毎日、乳酸菌を身体の中に取り入れる、ということを目標にしました。

 

 

そんな生活を続けて約5年。まず、便秘することがほとんどなくなります。そうすると、便秘が原因の肌あれや乾燥がだんだんと解消されて、シミが減りました。これは、肌の生まれ変わりサイクルが正常になってきたからでしょう。私の場合は、花粉症を軽減したくて始めましたが、美肌効果という思わぬご褒美をもらいました。

 

アンチエイジング=美肌の基本はやはり身体の健康なくしては成り立たないことを実感しました。