関節部分を重点的にケアすることで若く見える身体に

関節部分を重点的にケアすることで若く見える身体に

できるだけ若く見えるなら、女性として嬉しいことはありません。

 

顔だけはバッチリでもついつい手抜きになりがちなのがボディケアですが、その中でも年齢がバレやすくケアをするだけで若く見えるポイントがあります。
ボディケアの中でも特に重要なのが関節です。

 

関節というのは1日に何度も曲げ伸ばしすることの多い部分のため、他の部分と比べても老化を感じやすいのです。さらに皮脂の分泌も少ないため、何もしないでほっておくとかさかさと粉を吹いてしまうこともあります。

 

膝や肘だけではなく、手の指の関節も年齢が出てしまいます。日常的に膝をついた姿勢で家事や育児をすることが多いと、摩擦から黒ずみも表れます。膝が黒ずんでシワシワだと短いスカートやパンツスタイルもかっこよく決まりません。肘は夏場しか見えませんが、やはり何もしないでいると黒ずんで汚れているようにも見えます。指先は年中見えていることが多いため、手仕事をする人の場合は年齢よりも年上に見えてしまいます。

 

ボディケアの中でも関節部分を重点的にケアすることで、若く見える身体を作ることが出来ます。まずは膝の場合は日常的に膝をつく習慣を止めることや、タイトなパンツを履くことを止めて摩擦刺激を減らすことです。これだけでも黒ずみは随分改善します。手は関節だけではなく乾燥をほっておくと、手の甲にシワが出来て年齢が出てしまいます。

 

家事などで水仕事をする時にはゴム手袋をつける、お湯を使わない、手を洗ったらこまめにハンドクリームを塗ることを習慣にします。関節部分や指先は特に潤いが奪われがちですので、ハンドクリームの前に化粧水などをつけることでより保湿することが出来ます。

 

膝や肘は入浴後以外にも日中に何度かこまめに保湿ケアをします。乾燥がひどい時には保湿をした後に乳液などの油分を補充しておきます。皮脂が少ない分、保湿しても潤いが逃げやすいためです。しっかりと保湿をしておけば関節部分の乾燥を防いで余分なシワに悩まされることはありません。露出の多い季節になっても堂々とファッションを楽しむことも出来ますね。